安い医学部予備校を選ぶ場合のメリットとデメリット

医学部予備校は一般に比べて学費が高額なことが多い

医学部予備校は一般に比べて学費が高額なことが多いものです。
良いきめ細かいサポートを行っているところが多いため、サポート時間が長く、また授業内容も非常に密度が濃いところが少なくありません。
加えてわからないところをすぐにサポートすることができる養護講師が常に待機をしているケースも多いため、実質的に手厚い体制で受験生を応援してくれることからその学費も高いのが相場です。
しかし医学部予備校の中には様々な理由で学費を安く設定しているところもあります。
そのようなところは他の所に比べて合格率も低かったり、またサポート内容が手薄であると言う印象を受けることも多いのですが、選び方によってはそのようなところばかりではなく、より集中をして学習をできるところも多いのがポイントです。
私が実際に利用したのは総額で学費が安いところです。
私の利用した所では単純に学費が安いため、他のところに行くので講師は授業が終わるとすぐにいなくなってしまうほか、授業もほとんどが放送によるもので実際に教室で講義を受けることができるのは非常に少ない時間でした。
はじめは一般的な予備校とあまり変わらないのではないかと思いましたが、実際にはこの学校を利用して多くの人が医学部へ合格していると言う実績があり、また実際に試験に合格をすることができる秘訣を持ったところであることも後で知りました。
私が利用していた学校の良いところは、学生の自主性を引き出す点に長けていたことです。
一般的には手厚いサポートをすれば学習効果が上がると考えられていますが、1日により多くの授業をすればそれだけ習得しなければならない内容が増えてしまい、記憶の容量を超えてしまうため全てを習得することができません。

医学部予備校は一般に比べて学費が高額なことが多い特別な扱いを受けていると言う自覚を生じさせてしまうことが多い応用問題を十分に理解する能力を養うことが非常に重要